電 気 舊 夢
radioSP.jpg

SCP-630-JP

项目编号: SCP-630-JP

项目等级: Safe

特殊收容措施: SCP-630-JP保存在Site8181的储物柜中。进行实验时,需经过B级以上职员批准。

描述: SCP-630-JP是███公司制造的CD-R光盘,表面标有油性「广播体操特别篇」字样。光盘材质以及书写的文字分析结果没有发现异常。光盘内以CD-DA(音乐CD)形式收录了1首6分40秒的音频数据,在发挥后述异常特性的条件下,将持续播放“第一广播体操”以及“第二广播体操”。另外,发现在复制CD、复制音轨数据以及录音内容在其他媒体上进行复制时,复制对象的媒体没有异常性。

SCP-630-JP的异常特性在于,使用任何播放器播放音轨1时,处于播放声音可听范围内会出现『正常完成广播体操所需的四肢、腰等运动的人(以下称为对象)』的情况。在此情况下,前奏以及最初的“舒展运动”的后半部分都会正常播放,在第二个体操指示开始阶段便完全不受机器操作(停止再生、快进、倒带、音量变更等)控制,即使断开机器通电,也仍会通过未知方式继续再生。第二个之后的体操指示是从通常的第一广播和第二体操内进行的各体动作的指示中抽出单词并接连而成的,每次播放都会生成不同的内容。这在大多数情况下作为体操是不自然的,虽然也包含有在人体构造上困难的动作,但不论对象者自身意愿,都会强制依照指示进行动作。その結果、身体の損傷や意識消失により前述の条件に該当しなくなった場合、対象者はSCP-630-JPの影響から脱します。若所有对象都脱离了影响,此时SCP-630-JP会自动停止播放。

SCP-630-JPの再生による体操の指示内容については「身体の致命的な損傷につながる動きを指示した例がまだないこと」「その一方で四肢の機能を損ない体操の中断につながる指示はほぼ確実に現れること」、さらに「指示内容に偶然とは考えにくい語句の偏りが多々含まれること」などから、完全な無作為ではなく(ある程度のランダム性を持ちつつも)何らかの基準に沿って生成されているものと推測されています。

SCP-630-JPは██県██町の町内会館で発見されました。会館前でラジオ体操を行った近隣住民18名全員が、肘関節や股関節の脱臼、上腕部骨折などにより搬送された事件が財団の注意を引き、その時使われていたCDラジカセから回収されました。SCP-630-JPを最初に発見した町内会役員は「会館の物置を整理中にこれを見つけ、試しに再生したところ普通のラジオ体操だったため利用する事にした」と述べています。この役員は慢性の腰痛を患っており、運動はほとんど出来ない状態だったためにSCP-630-JPの特性に気付かなかったと思われます。

実験記録001-1 - 20██/██/██
対象: D-630-JP-1、D-630-JP-2
備考: D-630-JP-1を配置した部屋に再生機器と集音マイクを設置、別室に配置したD-630-JP-2にマイクで拾った音声を聞かせる。
結果: D-630-JP-1、D-630-JP-2ともにSCP-630-JPの影響を受け体操を開始、4番目の「足を伸ばして正面で回し深くねじる運動」で D-630-JP-1はアキレス腱損傷、 D-630-JP-2は足首の骨折により中断。
分析: マイク越しでは特性は消えないようだ。

実験記録001-2 - 20██/██/██
対象: D-630-JP-3
備考: 実験記録001-1で再生された音声をICレコーダーに録音、その内容をD-630-JP-3に聞かせる。
結果: D-630-JP-3は影響を受けなかった。その際、異常な体操指示も含め、実験時の音声は全てそのまま録音されていた。
分析: 再生内容をライブで聞かせるのは駄目だが、録音なら大丈夫らしい。

実験記録002-1 - 20██/██/██
対象: D-630-JP-4
備考: 「運動可能」とみなされる条件についての検証。D-630-JP-4は両手を後ろ手に拘束した状態で配置。
結果: D-630-JP-4はSCP-630-JPの影響を受け体操を行い始め、3番目の体操の際に拘束された腕を強引に動かそうとして手首を骨折。SCP-630-JPの再生も停止。
分析: 体操が可能かどうかの判断に、外的要因は考慮されないようだな。

実験記録002-2 - 20██/██/██
対象: D-630-JP-5
備考: 「運動可能」とみなされる条件についての検証。D-630-JP-5は密閉された室内に配置、2番目の体操開始後に麻酔ガスを室内に注入し意識を失わせる。
結果: D-630-JP-5は体操の開始直後にガスを吸入し意識を失う。同時にSCP-630-JPの再生も停止。
分析: 原因が外部からの干渉であっても、対象者の身体状態の変化には反応するわけだ。とはいえ、負傷を未然に防ぐ手段としては使えないだろう。危険と気付いてからではまず間に合わん。

実験記録007-1 - 20██/██/██
対象: D-630-JP-12
備考: D-630-JP-12は元大道芸人で、間接外しや身体の柔軟さを活かした芸を得意としていた。
結果: 13番目の体操を終えた時点で「ラジオ体操第一」の曲が終了。続けて「ラジオ体操第二」が開始された。「第二」4番目の体操で強度の足関節外側靭帯損傷(捻挫)により中断。
分析: D-630-JP-12は「頼む、治ったらもう一度挑戦させてくれ!」と言っていた。やる気があるのはいい事だし、最後までいったらどうなるかの検証は確かに必要だが……「足を前後に反らす運動」で外側を6連発とか、クリアさせる気ないだろう、これ。

除非特别注明,本页内容采用以下授权方式: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License