西加斯坦共和国(被删除的页面)

西加斯坦共和国(被删除的页面)


西加斯坦共和国(西加语:Шигастон Республикасы),通称为“西加斯坦”,为中亚地区的共和制国家。西加斯坦北与俄罗斯联邦、东与哈萨克斯坦乌兹别克斯坦、南与土库曼斯坦接壤,为内陆国家。临近里海咸海。首都为シガスメンバシ(ウォーツ)。曾是前苏联的加盟国之一,1991年宣布独立。

西加斯坦共和国
Шигастон Республикасы(西加语)
Республика Сигастон(俄语)

2.jpeg

国旗

%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E5%9B%BD%E7%AB%A0.png

国徽


格言:人を結び、時を結び、湖と結ばれる


国歌:祝我美好的国民幸福!


%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3.png

官方语言:西加语
(通用语:俄语


首都:シガスメンバシ(ウォーツ)
最大城市:シガスメンバシ(ウォーツ)


总统:萨马尔·I·加尔布雷斯


国土面积:736,297km2


人口:1,400,000人


独立日期:1991年12月16日前苏联独立。

国名释义


正式国名为Шигастон Республикасы(Şïgaston Respwblïkası),英语表记为“Republic of Shigastan”,简写为Sigastan。汉字根据读音转写为“西加斯坦”。

在突厥-回鹘语中,“斯坦”(-stan),是指“家园”、“土地,聚居地”,因此国名的含义就是“西加人的聚居地”。

历史


  主条目:“西加斯坦历史”(英文版)

公元前~近代

古代ギリシアのヘロドトスによる『歴史』によれば、紀元前5世紀ごろにはカスピ海沿岸にオーミと呼ばれるシガスメン人系の民族の小国家が複数存在していて、争いを繰り返していた。また紀元前2世紀から4世紀にわたり、中国の歴史書には現在のシガスタン聖堂遺跡の位置にシガスメン人系の民族のものと見られる集落連合があったことが記されている。これらの記録を最後に、約200年間のシガスタンについて歴史書の記述が発見されておらず、失われた空白と呼ばれている。しかし近年の研究で、文化的にサーサーン朝ペルシアの影響があった可能性が指摘されている。

その後、6世紀には遊牧民のテュルク系民族が移り住み、シガスタン一帯を支配した。これが現在のシガ人の祖と言われる。エフタル西突厥カラハン朝などの侵攻を受けつつもこの支配は継続したが、13世紀にはモンゴル帝国に支配された。これによってシガスタンは東西交通の要衝として急速な発展を遂げる。

その後ジョチ・ウルス(金帳汗国)カザフ・ハン国に支配は継承されたが、18世紀前半までにカザフ・ハン国が政治的な統一を失ったため、シガスタン北部はカザフ・ハン国の流れをくむ部族連合体であるアザーイ・ハン国、南部はシガ人系のロカク族を筆頭とした氏族連合王国として独立し、両国はたびたび抗争を繰り返すこととなる。

1723年にはアザーイ・ハン国がロカク族を滅ぼし全シガスタンを統一するが、同年から激化したジュンガルカザフ草原への侵入によってアザーイ・ハン国及びカザフ・ハン国は壊滅的被害を受ける。この1723年から1725年にかけてのアクタバン=シュブルンドゥ(裸足での逃走)と呼ばれるジュンガルの侵攻への対応策として、いまだ統一戦争の傷が残るアザーイ・ハン国は当時東方への進出を狙っていたロシア帝国との外交関係を強化。ロシアの支援を受ける形でジュンガルに対抗した。1726年にカラ・シユルの戦いでカザフ連合軍がジュンガルに勝利したのち、アザーイ・ハン国はロシア帝国に服属を表明し、保護国という形式でその傘下に入った。

シガスタン王国.jpg

西加斯坦王国国旗

しかし、1732年帝政ロシア軍がカスピ海東岸に駐留し、現在のアド周辺に要塞の建設を始めるとアザーイ・ハン国はこれに反発し、関係が悪化する。アザーイ・ハン国は大英帝国に援助を求めロシア帝国に抵抗を試みたが、ロシアへの内通者によって計画が露見。1740年9月に首都ウォーツは制圧され、新しく傀儡政権としてシガスタン王国が成立された(9月事件)。専門家の中にはこの9月事件を「中央アジアにおけるロシア帝国と大英帝国との覇権争い」という意味でグレート・ゲームの前哨戦として見る向きも存在する。

19世紀にロシア帝国では軽工業を基幹とする産業革命が進行していたが、1860年代前半に勃発したアメリカ南北戦争の影響から、それまでアメリカ合衆国南部で奴隷制プランテーション農業によって生産されていた棉花の値段が上昇したため棉花原料の確保が困難となった。そのためロシア帝国では「安い綿原料の確保」ばかりでなく、「大英帝国による中央アジアの植民地化阻止」及び「平原を国境とすることの危険性」といった観点から、中央アジアへの南進及び領土編入・保護国化(グレート・ゲーム)が進められた。シガスタンは農業が貧弱であったためグレート・ゲームにおいてそれほど重要視されなかったが、周辺国との統一のため1868年にシガスタンは現在のシガスタン東部を含めてイイ総督管区内のヒコーリン州とされた。ロシア領となったことでシガスタンは急速な近代化を遂げ、多数の優秀な人材を排出することとなる。その代表例としてアレクサンドル3世の私的財政顧問であったソスターイェト・タスが挙げられる。

20世纪以来

シガスタンソビエト.jpg

西加苏维埃社会主义共和国国旗

1917年に発生したロシア革命後はロシア内戦の中で白軍派ヒコーリン臨時政府1917年 - 1920年)を経て、ソビエト連邦の構成下において1925年に5番目のソ連構成共和国としてシガ・ソビエト社会主義共和国が成立した。この時代から、シガスタンの鉱物資源の豊富さが注目されソ連による開発が進むこととなる。

1949年にはビゥワーミ事件が発生する。これはソ連軍の指示によって放射能廃棄物をシガスタンのビゥワーミ核処理処理施設へ運搬した際、シガ人の監督官の指示がずさんであったことからカザフ人労働者7名が急性放射線症候群で死亡したことを切っ掛けとする。この事件は一連の類似する民族問題が表面化した事件の発生に加え、当時のカザフ・ソビエト社会主義共和国との「戦争前夜」と形容される関係の悪化を招いた。ソ連はこの事件の沈静化のために報道規制や秘密警察の動員を行った。言論弾圧への反発と事件のそもそもの原因をソ連に求める声もあり、シガスタン国民の中での対ソ感情が悪化する原因となった事件でもある。

こうしたソ連への不満は1991年12月16日のソ連脱退という形で表出された。現在の国名であるシガスタン共和国に改名し、独立したあとは1991年12月21日独立国家共同体(CIS)に加盟した。同年共和国初代大統領にデイ・グアラクが就任し、共産党政権が復活する。

シガスタン内戦.jpg

シガスタン内戦

1992年シガスタン共産党系の政府とイスラム系野党反政府勢力との間でシガスタン内戦が起こる。11月にシガスタン共産党は旧シガスタン王国の王族の子孫であり国民の人気が高かったウージン・ドゥアニラを議長に選び新政権を樹立したが、サラ・I・ガルブレイス率いる反政府勢力が勢いを盛り返し1997年春までにほぼ全土を制圧した。1998年4月最初の和平交渉が行われた。1999年に大統領選挙が行われた結果サラ・I・ガルブレイスが第3代大統領に就任し、停戦命令を発効した。8万人以上の死者を出した内戦は1999年に終結した。国際連合シガスタン監視団(UNMOS)2005年に和平プロセスを完了させ、以後は国際連合シガスタン和平構築事務所 (UNSOP)が復興を支援した。

 

 
2007年6月9日に演説を行っていたサラ・I・ガルブレイスが銃撃され、死亡した。第4代大統領には息子のサマル・I・ガルブレイスが選出されたが、この事件によってシガスタンの情勢は非常に緊迫したものになっている。

地理位置


  詳細は「シガスタンの地理(英語版)」を参照

シガスタンはカスピ海を挟んで北部と南部、アラル海周辺地域の東部に大まかに分かれる。

北部

ウラル山脈の南端が位置し、山岳地帯である。面積の半分以上を山地とカスピ海が占めており、可住地面積は狭い。ヨーロッパへの陸路はロシアを経由しなくてはならない。

南部

カスピ海沿岸の低地である。カスピ海にはコトー半島(英語版)が突き出しており(コトー州)、ナガマはシガスタン唯一の不凍港を擁する。シガスタン聖堂遺跡を筆頭とする古代シガスタンの貴重な遺跡が数多くあり、開発が進まない地域でもある。

东部

カザフステップが広がり、アラル海の減少による塩害被害を受けている。ヒコーリン州時代にシガスタンに組み込まれた地域であり、問題が頻発している。

行政区划


  詳細は「シガスタンの行政区画」を参照
シガスタンは以下の6州(Oblys)に区分されている。

西オーミ州
南オーミ州
クォガー州
東オーミ州
コトー州
コキター州

政令指定都市

シガスタンウォーツの岩舞台.jpg

ウォーツの岩舞台

シガスメンバシ(ウォーツ)‐首都 
シガスメンバシ(シガスタン国民の長の意)が正式名称だが、現地や諸外国においても旧名であるウォーツと呼ばれることが多い。

主要城市

詳細は「シガスタンの都市の一覧」を参照

政治制度


シガスタン官邸.jpg

シガスタン官邸

詳細は「シガスタンの政治(英語版)」を参照

シガスタンの国家元首は、直接選挙により選出される任期5年の大統領である。大統領は政府を組閣し、閣僚・最高裁判所長・検事総長・国立銀行総裁を任免、国民投票を実施し、非常事態を導入する権限を有する。また、軍最高司令官を兼任する。

シガスタン内戦終結以来、リレフ・オタン(祖国救済党)が単独過半数を占めており、事実上の一党独裁体制である。

立法府は、下院と上院の二院制である。下院は定数152議席で比例代表制による直接選挙で選出される。上院は定数71議席で、内51議席は国内の民族団体の包括組織であるシガスタン民族総会によって、シガ人とシガスメン人以外のシガスタン内少数民族から選出される。これはサラ・I・ガルブレイスの「すべての声を聞き、救済するべき」という思想から、少数意見を反映するためである。残りの20議席は旧シガスタン王族から選出される。

历任总统

  詳細は「シガスタンの大統領」を参照

初代大統領 デイ・グアラク
軍閥出身。シガ・ソビエト社会主義共和国の最後の大統領であり、そのままシガスタン共和国の初代大統領に就任した。これは改名に従い政治体制が一新されると期待していた国民の失望と反発を招いた。

第2代大統領 ウージン・ドゥアニラ
旧シガスタン王族の末裔であり、ソスターイェト・タスの玄孫にあたる人物。温和な人柄から人気が高い人物だった。シガスタン内戦終結後は政権をリレフ・オタンに明け渡し、アメリカに移住した。

第三任总统 萨拉·I·加尔布雷斯
西加斯坦的第一位女总统,被称为“西加斯坦建国之母”。在任期间致力于行政改革、基础设施建设、互联网普及等,采取了重视救济弱势群体的政策。她是世界著名的人物,2007年遭遇枪击身亡后各国表达了哀悼之意。

第四任总统  萨马尔·I·加尔布雷斯
萨拉·I·加尔布雷斯的长子,由于目前实施优待西加人的独裁政策,受到国内外的批驳。

主要政党

詳細は「シガスタンの政党一覧(英語版)」を参照

与党:リレフ・オタン(祖国救済党)
野党:ヌル・リレフ(輝く救済党)シガスタン共産党緑の党(シガスタン)

军事力量


シガスタン空軍.png

シガスタン共和国空軍国籍マーク 低視認型はこちら

詳細は「シガスタン共和国軍(英語版)」を参照

シガスタン共和国軍は陸軍、海軍、空軍、国境警備軍の4軍種から構成されている。大統領は4軍の最高司令官であり、空中機動部隊および空挺部隊、ならびに大統領親衛隊を直轄する。

 

国际关系


  詳細は「シガスタンの国際関係(英語版)」および「シガスタンの在外公館の一覧」を参照

隣国であり、旧ソ連時代には同じ国であったロシア連邦と経済統合を進めてユーラシア経済連合を設立するなど政治・経済両面で密接な関係を持つ。ロシア、中華人民共和国、ほかの中央アジア諸国とともに上海協力機構(SCO)のメンバーであり、軍事的にも経済的にもロシア連邦と中華人民共和国の影響力が強い地域である。

またトルコ共和国などを含むテュルク評議会のメンバーでもある。欧米諸国やイスラム諸国、日本を含むアジア諸国とも良好な関係を築いている。カザフスタンの提唱するアジア相互協力信頼醸成措置会議中央アジア諸国連合に賛同するなど、積極的に国際機構への参加を図っている。

近年では石油パイプライン設置や一帯一路政策を受け入れるなど、中国に接近している。また、サマル・I・ガルブレイスの政策からカザフスタンとの関係は悪化しつつある。

经济


シガスタン銀行ロゴ.png

シガスタン銀行ロゴ

シガスタンソム.jpg

1000IGS(シガスタン・ソム)札

通貨はソムである。

IMFの統計によると、2017年のカザフスタンのGDPは1,215億ドル、1人あたりのGDPは推計8,785ドルである。特に内戦終結後の経済発展は著しく、2004年から2007年のGDP成長率は10.6%に達した。2007年以降は金融危機による世界的な景気の減退とともに経済成長率は鈍化し、2010年 - 2013年は5パーセント前後の成長率で推移している。

シガスタンの経済は天然資源依存型である。2015年8月、原油価格やロシア通貨ルーブル下落の影響を受け為替相場を管理浮动汇率から浮动汇率制へ移行すると発表した結果、ソムの対米ドル為替相場は6割下落。さらにその影響でインフレ率が急上昇し、これによる実質所得の大幅減少と個人消費の落ち込みで、景気は大きく失速している。

农业

シガスタンでは穀物栽培や牧畜が行われている。砂漠化が進む近隣諸国と異なり、カスピ海とアラル海に挟まれ水源は豊富だが、もともと土地が肥沃でないのに加え、特に東部はアラル海の減少による塩害で農業は壊滅的な被害を受けている。

石油、天然气

シガスタンにおいて石油天然ガスは重要な経済部門のひとつであり、輸出・国家歳入の約8割を支えている。国営企業のシガスタンガスや、アメリカ政府と共同で出資しているシガスタン石油採掘権株式会社(Shigastan Concessions of Petroleum inc.)が中心となって石油・天然ガス資源を開発・輸出している。2016年11月、新たにカスピ海のアワミ油田が商業生産を開始した。

このように石油に頼った経済のため、現地では「シガスタンにはビアーコ(石油の意)しかない」というジョークがある。[来源请求]また、こうした油ガス田がカスピ海沿岸の南部北部に集中していることが、東部との深刻な経済格差の広がりの原因となっている。

旅游资源

世界遺産でもあるシガスタン聖堂遺跡が有名だが、2015年にシガスタン聖堂遺跡の一部が倒壊したことや、内戦からの復興が進まないことで、全体として観光業はあまり発展していない。また、観光ビザに関しては、海外の先進国や新興諸国に比べ処理のスピードなどが遅めであることから、その取得手続きは煩雑である。

日本からの観光については、物価がとても安く、期間にかかわらず滞在しやすい。

交通


  詳細は「シガスタンの交通」を参照

铁路

  詳細は「シガスタンの鉄道」を参照

国民


  詳細は「シガスタンの人口統計」を参照

民族

構成はシガ人が52%、シガスメン人が20%、ロシア人が8%、カザフ人が5%、ウズベク人が3%、トルクメン人が2%、その他が10%(2015年)となっている。

ソ連時代の名残りにより、国内では現在もロシア語風の姓名を用いる世帯が多い。

语言

カザフ語の方言に近いシガ語が公用語と定められている。ロシア語も広く使われ、特に都市部においてはロシア語を母語とし、シガ語をまったく話せないシガ人も多い。上流階級やエリートにはロシア語が必須であり、上級公務員の採用試験にはロシア語のテストがある。

宗教

2009年の調査では、イスラム教が70.2パーセント、キリスト教が26.2パーセント、その他の宗教が2.8パーセントとなっている。イスラム教徒が多数を占めるが服装・戒律とも極めて緩やかで女性の地位も高い。飲酒なども公然と行われている。東部においては厳格なイスラム教徒が多く見られ、イスラム原理主義過激派と新興宗教勢力の衝突が頻発している。

教育

2011年の推計によれば、15歳以上の国民の識字率は99.7%(男性:99.8%、女性:99.6%)である。

文化


  詳細は「シガスタンの文化」を参照
シガスタン人の国民性として「温和で、一徹ではなく、計数に明るく利害に敏感で、蓄財に長じている。文にたけるが武はそれほどでもない。」「地味で着実、おとなしく粘り強く努力する。」とされる。駐日シガスタン大使のユーリィ・ラメンはシガスタンの国民性イメージはソスターイェト・タスに関する伝説から生み出された部分が大きいとしている。

モンゴル帝国の時代には錬金術に関する研究がシガスタンで発達し、東西の文化が融合した独自の文化を形成することになった。

ソビエト時代には、シガスタンは劇場と有名な小説家を輩出することにより知られていた。

国徽

シガスタン国旗案.jpg

西加斯坦旧国旗

シガスタン国璽.png
[[div class="scp-image-caption" style="width:130px;"]]
西加斯坦国玺

西加斯坦以大蓟为国花,甚至将大蓟图案绘制在国徽上。其原因是萨拉·I·加尔布雷斯喜爱这种花朵,大蓟图案也在公共机关标识等方面广泛使用。

饮食文化

  詳細は「シガスタン料理」を参照

牛、馬などの内臓料理が有名である。東部を原産地とする“オーミの骨馬”は高級食材として隠れた人気を誇る。

文学

  詳細は「シガスタン文学」を参照

音乐

  詳細は「シガスタンの音楽」を参照

世界遗产

  詳細は「シガスタンの世界遺産」を参照

シガスタン国内には、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の世界遺産リストに登録された文化遺産が3件、自然遺産が1件存在する。有名なものはシガスタン聖堂遺跡ウォーツの岩舞台

法定节假日

日期 汉语名称 西加语名称 备注
1月1日 新年      
2月6日 种子之日 萨拉·I·加尔布雷斯的生日
3月22日 纳吾肉孜节(即伊朗历第一天,或春分日)
4月10日 停战纪念日 别名“大蓟绽放之日”
5月9日 胜利纪念日 1945年纳粹德国向苏联等同盟国家无条件投降的日期,此为从苏联继承的节日
6月9日 全国哀悼日 萨拉·I·加尔布雷斯的忌日
6月13日 救济之日
7月19日 拉面之日 由于萨拉·I·加尔布雷斯喜爱拉面而设定的节日,现在亦被继承。当天会举行各种拉面纪念活动
8月25日 雕之日 由于国鸟是白头海雕而设定的节日
9月30日 宪法纪念日
10月27日 共和国之日
11月16日 健康之日
12月16日 独立纪念日 1991年西加斯坦自苏联独立之主权宣言通过的日期

根据共和国宪法,每月需至少设定一个纪念日。

著名人物

脚注


参考资料


  • 松平千秋訳『世界古典文学全集 10 ヘロドトス』(筑摩書房、1988年、ISBN 4480203109)
  • 山田信夫『北アジア遊牧民族史研究』(東京大学出版会、1989年、ISBN 4130260480)
  • ストラボン(訳:飯尾都人)『ギリシア・ローマ世界地誌Ⅱ』(龍溪書舎、1994年、ISBN 4844783777)
  • アッリアノス(訳:大牟田章)『アレクサンドロス大王東征記 上』(岩波書店、2005年、ISBN 4003348311)
  • 《大蓟盛开之日~统一纷争地带的世界第一女总统~》,萨拉·I·加尔布雷斯 著(尤里·拉蒙 译),讲谈社2005年版
  • 小松久男『世界各国史4 中央ユーラシア史』(山川出版社、2005年、ISBN 463441340X)
  • ロレンツ・エルドリッヂ(訳:黒野 花難)『"紀行 第2巻"』(岩波書店、2006)
  • 岩村忍『文明の十字路=中央アジアの歴史』(2007年、講談社)
  • 鵜山智彦・藤本透子『シガスタンを知るための60章』 (2015年、明石書店、ISBN 978-4-7503-4062-3)
  • ユーリィ・ラメン『シガスタン旅歩き』(2015年、講談社)

相关项目


本文の“19世紀にロシア帝国では軽工業を基幹とする産業革命が進行していたが、1860年代前半に勃発したアメリカ南北戦争の影響から、それまでアメリカ合衆国南部で奴隷制プランテーション農業によって生産されていた棉花の値段が上昇したため棉花原料の確保が困難となった。そのためロシア帝国では「安い綿原料の確保」ばかりでなく、「大英帝国による中央アジアの植民地化阻止」及び「平原を国境とすることの危険性」といった観点から、中央アジアへの南進及び領土編入・保護国化(グレート・ゲーム)が進められた。”という文章はwikipedia日本語版の塔吉克斯坦におけるグレートゲームに関する記述をCC-BY-SA 3.0に基づいて引用しています。

图像:国土领域
遵循协议:CC BY-SA 3.0

标题:シガスタンの領土ってこのくらい?
作者:Addicted04, snojsnoj
公开年份:2019
补充:该画像为snojsnoj由以下图片修改而来。

图像:Turkmenistan on the globe
遵循协议:CC BY-SA 3.0]

标题:Turkmenistan on the globe (Turkmenistan centered)
作者:Addicted04

西加斯坦: 基金会LOGO
遵循协议:CC BY-SA 3.0
标题:2.jpeg(y33r41y33r41氏原案)、1.jpg(私案)
作者:Nanimono DaemonNanimono Daemon
作者图像:上記URL
公开年份:2019年

西加斯坦(犀贺徽标风格):Twitter
遵循协议:CC BY-SA 3.0
标题:D0aTpsFVsAAV2iB
作者:tsucchii0301tsucchii0301
作者图像:ツイート参照
公开年份:2019年

西加斯坦(大蓟):Twitter
遵循协议:CC BY-SA 3.0
标题:D0KSyBfU0AAxt9z(国旗)、D0LiQE-VsAAyl-u(国章)
作者:onthonononthonon
作者图像:上記URL・固定ツイート
公开年份:2019年

西加斯坦(国玺):SCP-1558-JP - シガスタンの錬金術師
遵循协议:CC BY-SA 3.0
标题:シガスタンの国璽
作者:onthonononthonon(原案)、kossykossy(加工)
作者图像:上記URL
公开年份:2019年

西加斯坦(苏联加盟国):Twitter
遵循协议:CC BY-SA 3.0
标题:EHpGJ9sUEAA-m8d
作者:Tark_IOLTark_IOL
作者图像:上記URL・プロフィール欄
公开年份:2019年

西加斯坦(空军标志):Twitter
遵循协议:CC BY-SA 3.0
标题:D25CbbuVYAECcJn(通常型)、D25CbbwUgAAPRi4(色盲型)
作者:onthonononthonon
作者图像:上記URL・固定ツイート
公开年份:2019年

图像:银行Logo
遵循协议:CC BY-SA 3.0

标题:D4BdclCU8AA-DIv
作者:onthonononthonon
公开年份:2019年
补充:シガスタン銀行ロゴ

图像:货币正面
遵循协议:CC BY-SA 3.0

标题:D4BdvHKUYAEWcJn
作者:onthonononthonon
公开年份:2019年
补充:1000IGS(シガスタン・ソム)札の裏

图像:岩石舞台
遵循协议:CC0 PD

标题:不明
作者:不明
公开年份:2007
补充:

图像:政府大楼
遵循协议:CC表示-継承 3.0

标题:Shiga Prefectural Government Office.
作者:Qurren
公开年份:2016
补充:进行了部分加工。

图像:内战
遵循协议:CC表示-継承 3.0

标题:15th Spetsnaz Bde troopers in Tajikistan, during the 1992 Tajik war.
作者:Ussuriysk Military School (UsSVU)
公开年份:1992
补充:

除非特别注明,本页内容采用以下授权方式: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License